ナビ通信

夏の風物詩

夏の風物詩

皆さんこんにちは。
暑い日が続きますが、体調におかわりはありませんか?

そんな暑い夏の風物詩の一つ!といえば、「蝉(せみ)」ですね。
声を聞くと、確かに夏の到来を感じますが、
大音量ですから余計に暑く感じることもあるかもしれません。

今回はそんな「蝉」のお話です。


■そもそも、なぜ鳴くのか?
蝉が鳴く理由はメスへのアピール・求愛行動と言われています。
従いまして、オスの蝉しか鳴きません。
大きな声で鳴くことで、その存在を示しているんですね。

ちなみに皆さんがおおよそ知っていると思われる蝉の名前も、
鳴き声から来ていることが多いですよね。
・ミンミンゼミ
・ツクツクボウシ
・ニイニイゼミ
などなど。わかりやすいですね!


■蝉はいつ鳴く?いつまで鳴く?
とはいえ、あの大合唱です。
かわいいな、なんて心の余裕を持ち続けるのは難しいかもしれません(笑)。

蝉はその種類によって、鳴く時間がおおよそ決まっています。
例えば、ツクツクボウシやアブラゼミは、朝と午後が多く、
ミンミンゼミは日中、クマゼミは早朝〜午前中くらいしか声を聞けません。
ヒグラシはその名の通り、夕方=日暮れや早朝の頃に鳴くセミです。

なお、蝉の鳴き納めは、時期やその場所にもよりますが、
概ね9月いっぱいのようです。
※上記は一例・目安です。蝉の種類や場所、その他の環境により異なります。

まだまだ長い付き合いになりそうですね!
大きな声ばかりに注目してしまいますが、種類と鳴く時間を
考えてみるのも面白いかもしれません。

他、蝉の情報は以下もご参照ください。
<参考:ウェザーニュース>
https://weathernews.jp/s/topics/201907/180115/



その他、練馬区の見どころ情報はコチラ!!
→練馬区の見どころ、イベント情報がいっぱい!「とっておきの練馬」サイトへ。
https://www.nerimakanko.jp/