ナビ通信

七草がゆで縁起を担ごう!

七草がゆで縁起を担ごう!

■皆さん、「七草がゆ」は食べましたか?

シニアの皆さんにとっては、『七草がゆ』は身近なものかもしれませんが、
最近の若者は、おかゆどころかそもそもご飯(お米)も
そのままでは食べないというデータもあるようです。

※参照:CBCラジオ/RadiChubuさんより
https://radichubu.jp/makozuba/contents/id=18365

ともかく、1月7日の朝、『七草がゆ』を食べる習慣があるのですが
七草がゆとは「春の七草」と呼ばれる具材をいれたお粥です。

その昔は、冬に不足しがちな青菜を摂る、
中国の風習で、無病息災などを願い7つの野菜を入れた汁ものを食べる、
平安時代からある「若草摘み」という風習にも関係があるという説も
あります。


■改めて、春の七草に込められた意味とは?

七草の種類は、皆さん世代であれば
そらで話せるでしょうが、その意味となると、全部知っている方は
意外と少ないのではないでしょうか?

<春の七草と込められた意味>
・芹(せり) : 競争に競り(せり)勝つ!

・薺(なずな) : 身体をなでて、穢れ/汚れなどを取り除く

・御形(ごぎょう): 仏さまの体をあらわす

・繁縷(はこべら): 茎に葉がたくさんつくので、繁栄の意味

・仏の座(ほとけのざ): 仏さまの安座のすがた

・鈴菜(すずな) : 神さまを呼ぶための鈴

・清白(すずしろ): ダイコン!!!汚れのない清廉潔白であること

地域により諸説あるようですが、
このような意味が込められているのだそうです。

実は身近な野草は、
品種改良を重ねた一般的な野菜に比べると栄養価が高いとされ、
例えば、ヨモギは、ほうれん草以上の栄養素があるものも多いとか。
※でも、シロウト判断で、その辺の草を食べないでくださいね!

最近ではスーパーなどでも『七草がゆセット』などが売っており、
手軽に楽しめますが、それぞれにちゃんと意味があったのですね。
小さなことにも縁起やゲン、意味を込めて、
日々を大切に過ごそうとする日本人の知恵って、素敵ですよね。


■さて、1月はお正月らしく落語などいかがでしょうか?

練馬区文化センター大ホールにて、
落語会が開催されます。
平日ですが、入場無料ですのでお出かけしてみては
いかがでしょうか?

東京都民生委員制度100周年記念イベント
~昼下がりの落語会~

【出演】柳亭芝楽、桂文治ほか

・日時:1月18日 (金) 開演14時
・場所:練馬区文化センター大ホール
・料金:入場無料(当日先着850名:予約不要)
・主催:練馬区/練馬区民生児童委員協議会
・お問合わせ:練馬区福祉部管理課地域福祉係 5984-2716

・関連URL:https://www.neribun.or.jp/event/detail_n.cgi?id=201810211540091637

その他、おでかけの情報はコチラ!!
→練馬区のお出かけ、イベント情報がいっぱい!「とっておきの練馬」サイトへ。
https://www.nerimakanko.jp/