イベント

【終了しました】ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ -ユニマットコレクション-

【終了しました】ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ -ユニマットコレクション-

日本でも多くのファンを持つジュエリー作家・ガラス工芸作家のルネ・ラリックは、はじめアール・ヌーヴォー様式の宝飾デザイナーとして活躍しました。20世紀に入り香水瓶とそのラベルのデザインなどを手掛けたことを契機に、ガラス工芸作家としての道を歩み始めます。1925年のパリで開催された現代装飾美術・産業美術国際博覧会では、パヴィリオンを与えられ、まさにアール・デコを牽引する存在として世界中にその名を轟かせました。日本との関係も深く、1932年に旧皇族の朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)のガラスレリーフやシャンデリアなどを手掛けています。2つの様式を見事に自らのものとしたラリックの優雅な作品世界をお楽しみください。

■場所
練馬区立美術館
■料金
一般800円、高・大学生及び65歳~74歳600円、中学生以下及び75歳以上無料
■休館日
月曜日
■主催
練馬区立美術館/毎日新聞社

【連携企画】
藤井一興 ピアノ・リサイタル
日時:2019年3月2日(土)午後2時開演(午後1時30分開場予定)

※詳細は関連ページをご参照ください。

開催日時
2月24日 (日)~4月21日 (日)
10時~18時(入館は17時30分まで)
関連ページ
https://neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=201810241540347937
資料
チラシ裏面(358.2 KB)