イベント

【終了しました】作家「庄野潤三」展 日常という特別

【終了しました】作家「庄野潤三」展 日常という特別

令和3(2021年)に生誕100年を迎えた作家・庄野潤三(大正10(1921)年~平成21(2009)年)は、昭和28(1953)年から約8年間、石神井公園にほど近い練馬区南田中町(現・南田中)に暮らしました。練馬区に住んでいた昭和30(1955)年に「プールサイド小景」で第32回芥川賞を受賞、同年8月に勤めていた朝日放送を退社し、作家活動に専念することになりました。昭和35(1960)年には「静物」で第7回新潮社文学賞も受賞しています。「プールサイド小景」の芥川賞受賞と同年に新聞連載された「ザボンの花」には、当時の麦畑の広がる石神井の地域の豊かな風景と暮らしが描かれました。本展では練馬区居住期を中心に、原稿や書簡、書籍、写真資料などから庄野潤三の作品をご紹介します。
会期中のイベントなど詳しくは、HPまたはチラシ等をご覧ください。

※新型コロナウイルスの感染状況により、展覧会および関連イベントの中止や内容を変更する場合がございます。

■場所
石神井ふるさと文化館 2階企画展示室

■問い合わせ
03-3996-4060(石神井公園ふるさと文化館)

開催日時
1月15日(土)~3月13日(日)
9時~18時
関連ページ
https://www.neribun.or.jp/event/detail_f.cgi?id=202110171634449995
資料
チラシ(280.6 KB)
地図